1分で始められる、リモートユーザテスト
初回調査は無料で実施できます

オンライン完結!課題発見ツールの決定版

1分で準備完了、知識不要
URLとテスト目的、ユーザ条件を指定するだけでスタート。面倒な準備も専門知識も一切不要です。
圧倒的な納得感
アンケートに基づいて「本当のユーザ」を選んでテストを実施。動画と発話による強力な納得感を得られます。
1名5,000円から
ご依頼は1回5000円(1名分)から。たった5000円で、成果向上に役立つ有益な発見を得られます。

納品物・オプション

ユーザテスト動画 基本サービス

5,500円/人 (税込)

ユーザのWebサイト・アプリ操作画面と、利用時に考えていることの音声が録音されます。1人15分程度です。
発見点リスト 有料オプション

5,500円/動画 (税込)

弊社リサーチャーが、調査から得られた発見点をリストアップします。動画を見なくても気付きが得られます。
インサイトマップ 有料オプション

5,500円/ページ (税込)

対象ページのどこにどんな課題があったのかをマッピングします。チームメンバーとの議論に便利です。
※対象モニタ数が3名を超える場合や、縦長ページの場合追加料金をご相談する場合があります。

お客様の声

オモロワークス様(Webマーケティング)
パーソルキャリア様(求人メディア運営)

よくあるご質問

従来のユーザテストは、テストルーム(会場)にユーザに来てもらってインタビューする形式が一般的ですが、リモートユーザテストは「ユーザが自宅で1人で」行う調査です。

場所や日程の調整が不要なため、ローコストかつスピーディに実施できます。また、自宅で1人で行うため「本音」が見えやすいことも特長です。

リモートユーザテストを行なうと、アクセス解析などの定量データでは分からない「具体的な課題」を発見することができます。UI/UXの専門家ですら分からないような業界固有の本質的な課題を、ユーザテストを使えば誰でも簡単に把握することができます。

リモートユーザテストを行なうことで、アクセス解析などの定量データでは分からない「具体的な課題」を発見できます。

最近、「UXデザイナー」という職業が徐々に広がりつつあり、「専門家の経験(ヒューリスティック)」による課題出しを求められる機会が増えていますが、これらの経験から指摘できるのはあくまでも「UI・表面的な課題」であり、業界・サービス内容に固有の課題を見つけることは通常困難です。当然ながら、フリマアプリに求められるコンテンツと、脱毛サロンのWebサイトで求められるコンテンツは異なります。

ユーザテストで、「その業界・サービスの実際のユーザ」の視点で見ることで、専門家ですら分からない本質的な課題を、誰でも容易に把握することができます。詳しくは下記の参考記事をご覧ください。

Googleアナリティクスでできること、できないこと~なぜ解析が改善に繋がらないか?

専門家のヒューリスティックを凌駕! なぜ入社3日目のインターン生が、CVR2.1倍を実現できたのか?

ユーザ視点がヒューリスティック評価の限界を超える瞬間(1)~探偵社編

企画立案・提案~課題把握~改善アイデアの検証~運用でのPDCAの材料など、Webマーケティングの全てのフェーズで活用されています。

従来ユーザテストは「準備・人集め・進行・分析が大変」として割けられがちなプロセスでしたが、実は他のWebマーケティングツールと比べるとシステム的には何の負荷なくでき、非常に手軽なものです。

「リモートユーザテスト」により、準備・人集め・進行・分析の4つの手間をなくすことで、極めて手軽な課題だしツールの1つとして活用頂けます。

運営会社